トップページ > 家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師の最大のデメリット

半田市という地域にかかわらず、家庭教師を成績アップのために利用するにあたっては、
1つの大きなデメリットがあります。最大のデメリットと言っても良いでしょう。

それは、中学生のお子様に依存心が芽生えて自立出来なくなるということです。

家庭教師をつけたからといって、必ず成績アップが出来るわけではありませんので、
中学生のお子様が成績アップすれば、家庭教師の利用は成功と思われるでしょうが、
逆に成績アップすることで、お子様が家庭教師をアテにしてしまいます。

家庭教師の言うとおりにすれば成績アップが出来ると思うということは、
家庭教師の指示がなければ成績アップが出来なくなるという不安も同居してしまいます。

つまり、それが自主性を失わせる依存心なのです。

この依存心というものは非常に危険なもので、
中学生の時点で依存心が芽生えてしまったら、その先、高校生になったとき、
さらには、お子様が大人になったときは、どうでしょうか?

高校へ行っても自立出来ないまま、誰かのアドバイスがなければ大学受験も難しく、
大人になっても尚、誰かの指示がなければ自主的に行動出来ない人になりかねません。

これが良く言われる「指示待ち族」というタイプですね。

従って、家庭教師を利用する際の成功は成績アップだけではなく、
成績アップした上で、家庭教師からも自立できて始めて成功だと言えるのです。

このお子様の自立という点と、家庭教師という手段は、ある意味、真逆のことですから、
家庭教師を利用する前に承知の上で、充分に注意をする必要があります。

家庭教師を利用して成績アップしたがばかりに、将来的にはお子様にマイナスになっては、
それこそ本末転倒と言えるからです。この点を、お間違いのないようにして下さい。